肌診断テスト

あなたの肌はどのタイプ? 肌診断テスト

  • 洗顔後、顔がつっぱる。
  • 肌にハリ、ツヤがない。
  • 肌が全体的にカサつく。
  • 赤みやかゆみが
    出やすい。
  • アレルギー体質である。
  • 化粧崩れがしやすい。
  • 顔がテカリやすい。
  • 毛穴が開き、
    黒ずみが気になる。
  • ニキビ、
    吹き出物が出やすい。
  • クリームはべたつく気が
    してあまり使わない。
ここに3つ以上、あてはまる項目があった方

乾燥肌

乾燥肌によるお手入れ方法を見る

ここに3つ以上、あてはまる項目があった方

脂性肌

脂性肌によるお手入れ方法を見る

  • 洗顔後、顔がつっぱる。
  • 肌にハリ、ツヤがない。
  • 肌が全体的にカサつく。
  • 赤みやかゆみが
    出やすい。
  • アレルギー体質である。
  • どの項目も2つ以下の方
ここに3つ以上、あてはまる項目があった方

乾燥脂性肌

乾燥脂性肌によるお手入れ方法を見る

普通肌

普通肌によるお手入れ方法を見る

お肌のトラブル Q&Aを見る

肌タイプって何?

肌質とは、病的な異常のない肌において、キメや皮脂膜および角質層に含まれる水分量などの状態を表す言葉です。

この肌質を決めるのは、まずそれぞれ個人の肌が生まれつき持っている皮膚がおこなう色々な働きによります。それに加えて日々のお手入れ(スキンケア)皮膚を取り巻く環境、生活習慣などがかかわりをもってきます。

そこで自分の肌質をよく知った上で手入れすることによってより大きな美容効果を得ることができます。日常よく使われる「肌タイプ」とか「肌性」という用語は肌質とほとんど同じ意味を表す言葉として使われます。

過去における肌質の分類は、表面のかさつき具合、しっとり具合、あぶらっぽさなどの感覚的な判断によって、普通肌(ノーマルスキン)乾燥肌(ドライスキン)脂性肌(オイリースキン)の3つの肌質に分類するのが一般的でした。

その後、機器を用いた分析法によって4種類の肌質に大別されるようになりました。

  1. 肌自体の保湿が小さく、かさつき気味で、皮脂量も少ない乾燥肌。紫外線にあたったり乾燥をするとかゆくなったり湿疹ができることもある。
  2. 肌自体の保湿力はあり、しっとりみずみずしいが、皮脂量も多く、顔全体があぶらっぽい場合もある脂性肌
  3. キメがあらく肌自体の保湿が小さくかさつき気味だが、皮脂分泌量は多くあぶらっぽい乾燥性脂性肌などに大別されるようになりました。このタイプのは皮膚のターンオーバーが正常に行われていない場合が多く、また角質層の水分量が減少状態になりやすいので、保湿効果のあるスキンケア化粧品が適しているといえます。
  4. 肌自体のしっとりみずみずしく、皮脂分泌量も適度な普通肌。キメが細かくなめらかで潤いがありつややかで美しい健康色をしている。

ターンオーバーって何? よく聞く言葉ですが?

ターンオーバーとは肌表皮の角質細胞の入れ替わりのことです。

その周期は基底細胞で作られた新しい表皮角化細胞がが角質細胞に分化(その組織の働きに合わせて形や機能を変えていくこと)するまでに約14日間、角質細胞が皮脂内部を保護する働きを終えて剥がれていくまでにさらに14日間、合計約1カ月かかるといわれています。

これが肌のターンオーバーと呼ばれます。

皮膚のターンオーバー

4タイプの肌質別によるお手入れ方法を見る

PAGE TOP